イメージ画像

急ぎでカードローンを探している方へ。即日融資でお金を借りることができるの最短・最速のカードローンの一覧をご案内します。

カードローンの審査や即日融資、申込み方法について

最近よくテレビのCMや電車の中づり広告で見かける即日でお金を借りることができるカードローン。最近ではメガバンクのような大手銀行でも積極的にCMも流れるようになり、「カードローン」という単語を良く耳にする機会も多くなってきたのではないでしょうか。

カードローンとは簡単にいうと、担保なしで個人の人がお金を借りられる融資の商品です。通常、お金を借りるには不動産であったり、保証人であったりと、返済できなかったときのための「担保」が必要になります。しかし、カードローンはその担保なしにお金をかりることができます。そのかわり利用を申し込めばだれでも利用できるというものではなく審査が必要になります。ここでは、そのカードローンの申し込み方法や審査・実際の融資の流れまで説明をしてきます。

アコムとモビットカードローンどっちで借りる?

まずローンには2種類あります。「お金を借りる目的が決まったローン」と「お金を借りる目的が決まっていないローン」の2種類です。前者は例えば住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、住宅を買うため・車を買うため・大学の授業料など、借りる目的が明確に決まってローンを指します。これは、借りる目的が明確に決まっているために金利もそれぞれの借りる目的に合わせて比較的低い金利が設定されているローンです。そのため、お金を貸す側も予め「自動車を購入した領収書」や「授業料の振込証明書」など貸したお金がきちんと目的に沿って利用されているかどうかまで確認しています。

一方、今回のカードローンは「お金を借りる目的が決まっていないローン」に入ります。目的が明確に定まっていないため、旅行につかったり、他で借りている融資の借り換えに使ってもいいですし、あるいは極論使わなくてもいいのです。また、いつでもすぐに利用できるため、万が一の急な出費の時のために予め利用の枠だけもっておくということも可能です。そのため、お金を貸す側も貸したお金を何に使ったかまでは追及しません。しかしながらそのぶん、金利も高く設定されています。通常は、借りる上限の金額によって金利は設定されています。上限金額が高いほど金利は低く、逆に上限の金額が低いと金利は低くなり、その金利は2.0%~20.0%前後と各カードローン会社により金利は異なっています。利用の際には返済方法なども含めて、自分が利用しやすいカードローンを利用するのがよいでしょう。

そんなカードローンの申し込み方法には、インターネット・店舗に直接・無人契約機などいろいろな申し込み方法があります。カードローンを利用するためにはほとんどの場合利用のカードが必要になります。即日融資の場合は自分名義の口座に直接振り込むこともできますが、即日融資ができるカードローンとできないカードローンがありますので必ず即日融資できると思わないほうがいいでしょう、またどの申し込み方法でも審査が必要になりますので、実際に利用できるまでに時間がかかることをまずは念頭にいれましょう。そのため、できるだけ早く融資を受けたい場合にはどの申し込みの方法が一番早いのかを確認したほうがいいです。また銀行などのカードローンを利用する場合、通常自分名義の返済用の口座が必要になります。口座をもっていない場合は、予め口座開設の必要がありますので、忘れないようにしましょう。

カードローンの利用方法は通常カードローンを申し込んだ後に送られてくるカードローン専用のカードを使ってコンビニのATMや銀行のATMを使って借りるものと、申し込んで即日融資され口座に直接入金されるものの2種類があります。カードローンによってはカードローンカードでお金を借りるタイプのカードローンでも、急いで利用したい旨を伝えれば直接口座に振り込むことも可能です。予め申し込みの際にカードローン会社の担当者に伝えておきましょう。即日融資タイプのカードローンの場合、申し込みから融資まで早くて1時間以内で可能です。その分金利や利用限度枠に制限がありますが、急な出費は突然やってくるもの。一時的なお金の不足のときにこそ、活躍するのがカードローンです。

カードローンの大きなメリットとして、利用限度枠の内であれば何度もお金を借りたり、返済することができることがあげられます。利用限度枠は通常返済を何度も滞ったりするようなことをしない限りは減ることはない(カードローン利用限度枠に関しては、カードローン会社は定期的に見直していますので要注意)ので、金銭的に余裕のある際には多めに返すこともいつでもできます。もちろんカードローンは一つの「借金」であることに違いはありませんが、友人や家族に対して肩身の狭い思いをしたりせずに、いつでもどこでもすぐにお金を借りられる、というのは一つの安心でもあるもの。実際にいざ、お金を借りたいと思ってもすぐにお金を借りられるところはほとんどありません。この点はカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

一方、デメリットとしてあげられるのは金利です。「いつでもすぐにお金が借りられる」ということは、金利の高さとつながっています。一度カードローンを利用すると、その便利さゆえに借金の感覚が薄れてしまいがちです。カードローン利用者に多い例としてカードローンを何年も利用している人がいますが、カードローンの金利は決して安い金利ではありません。何年も利用していると支払っている金利の金額も相当な金額のものになります。カードローンの利用はあくまでも一時的なもの、と認識することが大事です。使い方さえ間違えなければカードローンはとても便利な商品です。

次に返済方法についてです。ここはカードローンの商品によって異なるところであるので、契約時にしっかり確認しましょう。ほとんどのカードローンはリボルビング払いが主流となっています。リボルビング払いとは、自分が借りている金額に対して利息が計算されるものです。

そのリボルビング払いの中でも、「残高スライド元利定額リボルビング方式」が多いです。文字でみるとちょっと難しそうですが、簡単にいうと借りている金額に応じて返済金額が定められていて、その返済金額には利息も元金に対する返金額も含まれている、というものです。例えば1万円~50万円までの借り入れがあるなら毎月の返済額は1万円、50万円から100万円の借り入れがあるなら毎月2万円の返済、というようになっています。カードローンは限度枠ないであれば自由に出し入れができる商品です。そのため、住宅ローンのように随時返済の際に手数料をとったり、返済のために店舗の営業時間に行く必要もないようにこの返済方法がとられています。

このページの先頭へ